コンテンツへスキップ

筆跡鑑定

<筆跡鑑定>

手書き文字については、字画構成・形態、筆順、運筆方法や誤字などを始めとした各種の検査を行いながら、相互に比較対照する筆跡が同じ人によって書かれたものであるか否かを異同識別するものであって、専門用語としては「筆者識別」と呼ばれています。筆跡は個人内における恒常性と個人差および稀少性が大前提となって鑑定が行われるのであります。したがって、比較対照する文中には字体と書体とが同じ文字で書かれていることが最も重要で、それらの条件が十分でない資料では鑑定が難しいか、あるいは不可能であります。
以上の条件が満たされたものであっても、鑑定は筆跡の原本で行うことが必要でありますが、やむを得ない場合でコピーやノンカーボン複写などのような複製による筆跡鑑定では結果の精度が著しく低下することもやむを得ないことであります。伝票や預貯金払戻請求書、クレジットカード使用時に署名する売上伝票類のように署名欄のあるものは、署名枠と署名の位置や署名枠と文字の大きさの関係が筆者の特徴となります。