ホーム

029

筆跡鑑定の実績は40数年という長い年月を経て筆跡鑑定を主にの研究を重ね、そして蓄積された法科学的手法による三点角・四点角計測法を用いて多くの調査や研究から得られた筆跡鑑定用デ-タベ-ス(全国各地に居住する成人男女計120名の住所氏名および使用頻度の高い教育漢字の500字を選定し、硬筆・軟筆ごとに縦書き、横書きされたもの)を基にした数値的評価(多変量解析法・クラスタ分析・ユ-クリッド距離を求め、最終的にはレ-ダチャ-ト「クモの巣チャ-ト」)を取り入れるなどの科学的な鑑定で客観性を担保とした正しい筆跡鑑定を行っております。筆跡は個人内における恒常性と希少性が前提となって鑑定が行われるのであります。

鑑定筆跡の一例

348377285

黒色の「埼」字は問題となっている鑑定筆跡であって、朱色の「埼」字は筆者が既知の対照筆跡である。数字が添えられている標準字体の「埼」字は教科書体を用ました。

 

☆ 欧文筆跡の専門書は、米国フロリダで開催されたI・A・I(国際鑑識学会)年次総会に出席た際に購入した疑問署名のマニアル書の一部です。

欧文筆跡鑑定技術書の一部分№④

中国人による署名の1例

 

  

 

 

  018                                                                                                                                                                                                  

 

 

                 ☆ 不明文字の鑑定 (パスポ-トの発給年号の一部を改ざんした事例)

017      028

 

     法科学における不明文字の鑑定とは故意であるか否かは悪意の有無にかかわらず、記載されている文字が肉眼で読み取れない状態 になっているものを言います。鑑定の対象となる不明文字の中には、誤って記載したことによって文字を塗りつぶしたものや削りとったもの、インキ消しを用いたもの、雨などに濡れて滲んでしまった文字、年月の経過にともなってインキが退色してしまった文字、あるいは最初から不明に近い状態で書かれていた文字なども含まれています。不明文字は、いずれの場合もそれを肉眼で見えるようにしなければならないが、この画像変換の操作を不明文字の検出といい、検出した文字痕を読み取ることを不明文字の解読と読んでいます。不明文字の鑑定は、文字の検出と解読という二つの作業が一体となって進められることであります。しかし、不明文字を検出されるためには検出が可能な条件があって、必ず文字が検出できるとは限りません。

 

                                  024                     刑事訴訟法判例百選 第9版                                          

 

 

  • 19th 5月, 2017